よくあるご質問

ガードル

Q. 体型に合ったガードルの選び方は?
(大きいヒップ)
大きさを気にして小さめのガードルを着け、無理に小さく見せようとするのは逆効果です。
ハードタイプのガードルでサイドをすっきりおさえてヒップポイントを高い位置に持ち上げ、バランスよい立体的な形に整えるのがベスト。

(垂れぎみのヒップ)
ヒップトップが下がっていたり、垂れぎみのお肉で脚との境界線がはっきりしないヒップは、本来あるべき位置に持ち上げる必要があります。
ヒップアップタイプ効果の高いロングタイプのガードルでヒップと太ももを整えます。

(太ももが太い)
太っている人は太ももの内側に、痩せている人は外側にお肉がつきやすくなります。
太もものコントロールには、ロングタイプのガードルが効果的です。
でもヒップと太もものバランスが悪く、ヒップサイズでガードルを選ぶと太ももの部分が強く締めつけられてしまう人には、ソフトシェイプ、ミディアムシェイプタイプがよいでしょう。

この回答はお役にたちましたか?

はいいいえ
i-ask